アナタの酔いをコントロール。
大人の新習慣、学習型アルコールガジェットTISPY



好評発売中!
ご購入はこちらから

TISPYとは



TISPYは学習型のアルコールガジェットです。

アルコールセンサーとメモリーカードを組み合わせることによって、
体内のアルコール濃度を測定・データを蓄積します。


 使えば使うほど学習し、アナタにパーソナライズされます。

「今日はペースが速いよ」「そろそろ水を飲んだ方が良いよ」など、
アナタに合ったアドバイスを教えてくれることで、
アルコールのセルフケアが行えます。

翌日も見越したペースでお酒を楽しむ。
アナタもそんな「デキる大人」の新習慣をはじめてみませんか?

TISPYの基本機能 


SDカード、もしくはFlashAir (※1) のどちらかお好みの仕様でお使い頂けます。

(SDカード仕様では、スマートフォンと連動したwebアプリはご利用になれません。
webアプリをご利用になられる場合はFlashAir仕様をお選び下さい。)

※1 FlashAirとは、無線LANを搭載したSDカードになります。

 [1] TISPY + FlashAirの場合

FlashAirをセットすると、TISPY単体での使用は勿論のこと
スマートフォンと無線接続でき、webアプリ (※2) との連動が可能です。
より詳細な設定を行ったり、データを確認することができます。
 


●過去データログを確認し、
飲みすぎた月には「休肝日」等を設定できる機能。

●酔いがさめるまでの時間を予測してくれる
「酔いさめ予測タイマー」機能など
その他アプリも開発中。



※2 webアプリとは、FlashAirを用いた専用アプリです。
面倒な登録やダウンロード不要でお使い頂けるアプリです。

AndroidにもiPhoneにも対応。もちろん無料です。
(現在開発中のため、アプリ画面はイメージになります。)
[2] TISPY + SDカードの場合

SDカードをセットすると、TISPY単体での使用が可能です。



お酒を飲む際、TISPYに息を吹きかけることで、
呼気中アルコール濃度を測定しデータの蓄積を開始します。



翌日、「二日酔いになったかどうか」を入力することで、
TISPYが自ら学習しアナタにパーソナライズされます。

次回、二日酔いになる前にお酒を抑制するお知らせを出したり、
酔いがさめるまでの時間も予測してくれます。

本体中央には有機ELディスプレイが搭載されており、
TISPYは情報を知らせる時だけ
さりげなく文字を浮き出させます。

 


TISPYの使い方 


TISPYを使えば、アナタに合ったお酒のペース配分などのアドバイスは勿論のこと、
次の日の予定も気にすることなくお酒が楽しめます。



アルコールの個人差とは   

検証協力:ライフケア技研株式会社

飲酒後のアルコールの血中残存時間には個人差があり、
アルコール体質や体重、肝臓機能などの体調、
飲酒時のつまみや食事などが影響します。

※TISPYは初期設定時に、個人差に関する情報の入力を行います。



DD型はお酒がまったく飲めないので、盃1杯の日本酒でも酔ってしまい、
無理に飲むと急性アルコール中毒になりやすいです。

NN型とND型を比較すると、ND型の人が飲酒後に
アルコールが身体から抜けるまでの時間は、
NN型の人の2倍程かかることが分かっています。

また遺伝子型だけでなく、体重や肝機能でも個人差があり、
日々の体調によって異なります。
ご自分の体質や体調を良く調べてお酒を楽しみましょう。

TISPYの検証(有効性評価試験)にはライフケア技研株式会社が協力しています。
ライフケア技研株式会社  http://lifecare-giken.co.jp/

前腕に20分間貼付し、皮膚の反応からアルコール体質を調べる
「アルコール体質試験パッチ」を世界で初めて開発し販売。

                                                       

ご購入はこちらから


販売価格:13,500円 8,990円(税込、送料込、FlashAir付)
2018年1月31日(水)までの期間限定価格になります。
この機会をお見逃しなく!


購入される方は、右のメールアイコンをクリックし、
予約フォームに記入してください。
 


STUFF.Co.,Ltd.

                                   Top